一体これは何でしょう?!

診療室の風景一体これは何でしょう?!

歯科関係の方はご覧になってすぐわかるでしょうが、一般の方はわかりますか? 正解は来月号でお知らせ致します。 楽しみにしてて下さい!!

今井真知子

バックナンバー

2015年
  • Dec 2015  Vol.87

    -丘の町 美瑛 より

2014年
  • Sep 2014  Vol.86

    -月刊Shinto更新いたしました。

2013年
  • Dec 2013  Vol.85

    -北の大地 山の水族館

  • Oct 2013  Vol.84

    -道東へ・・・いざ!!

2012年
  • Aug 2012  Vol.83

    -和歌山 〜南紀を巡る旅〜

  • Jun 2012  Vol.82

    -ファミリー愛ランドYOU

  • May 2012  Vol.81

    -春をお楽しみください

  • Feb 2012  Vol.80

    -遅ればせながら・・・

2011年
  • Dec 2011  Vol.79

    -X マス 特集

  • Nov 2011  Vol.78

    -お取り寄せ特集 Part 2

  • Oct 2011  Vol.77

    -行ってきました!新千歳空港へ・・・PART2!

  • Sep 2011  Vol.76

    -行ってきました!新千歳空港へ・・・PART 1

  • Aug 2011  Vol.75

    -たこ焼きパーティ

  • Jul 2011  Vol.74

    -札幌競馬場

  • Jun 2011  Vol.73

    -春の行楽♪

  • May 2011  Vol.72

    -月餅食べくらべ♪

  • Apr 2011  Vol.71

    -お取り寄せ特集

  • Mar 2011  Vol.70

    -食・BAR 米風亭

  • Jan 2011  Vol.69

    -異国情緒あふれる街 〜 長崎 佐世保〜

2010年
  • Dec 2010  Vol.68

    -Christmas☆

  • Nov 2010  Vol.67

    -紅葉で癒しを♪

  • Oct 2010  Vol.66

    -要注意!!

  • Sep 2010  Vol.65

    -YAKINIKU 網走ビール館

  • Aug 2010  Vol.64

    -沖縄美食BAR うみんちゅぬ やまんちゅぬ 稚内店

  • Jul 2010  Vol.63

    -ちょい呑み食い処 朋尚

  • Feb 2010  Vol.62

    -旭山動物園

  • Jan 2010  Vol.61

    -九州~ちょっと癒されませんか?

2009年
  • Dec 2009  Vol.60

    -らーめん!!

  • Nov 2009  Vol.59

    -稚内で ”多国籍料理” が味わえるのは  こちらですよ!!

  • Oct 2009  Vol.58

    -おむすび山と・・・。

  • Aug 2009  Vol.57

    -日本の古都 京都

  • Jul 2009  Vol.56

    -RISING SUN ROCK FESTIVAL 2009 in EZO

  • Jun 2009  Vol.55

    -おすすめ韓国旅行

  • May 2009  Vol.54

    -空はどんより、でもやっぱり楽しい!沖縄

  • Apr 2009  Vol.53

    -宗谷グルッと温泉めぐり特集 ♨

  • Mar 2009  Vol.52

    -シューズプラザ MARKS

  • Feb 2009  Vol.51

    -日本の伝統
    手描き京友禅〜眞鍋操作先生

  • Jan 2009  Vol.50

    -お正月
    「お正月といえば・・・」

2008年
  • Dec 2008  Vol.49

    -冬の準備は大丈夫?
    「冬本番!寒さに備えて」

  • Nov 2008  Vol.48

    -秋の収穫祭特集
    「秋は楽しみいっぱい!」

  • Oct 2008  Vol.47

    -稚内ならでは?!
    「稚内郷土料理特集」

  • Sep 2008  Vol.46

    -花の浮き島
    「礼文島 ~part2~」

  • Aug 2008  Vol.45

    -花の浮き島
    「礼文島 ~part1~」

  • Jul 2008  Vol.44

    -魅力いっぱいの港町!
    「横浜~みなとみらい」

  • Jun 2008  Vol.43

    -函館は、いかが?

  • May 2008  Vol.42

    -スマイル宅建
    「感謝と共に元気に楽しく♪」

  • Apr 2008  Vol.41

    -チュニジアってどんなとこ!?
    「みどころ満載!」

  • Mar 2008  Vol.40

    -関西風お好み焼き くるくる稚内店
    「本場関西の味をお試しあれ!!」

  • Feb 2008  Vol.39

    -喫茶&レストランTOTORA
    「ちょっと寄って行きません?」

  • Jan 2008  Vol.38

    -だがし夢や
    「大人も子供も夢中!!」

2007年
  • Dec 2007  Vol.37

    -DOG HOUSE ぱっぽ
    「家族の一員です!!」

  • Nov 2007  Vol.36

    -日本料理 車屋源氏「当店ご自慢の陶板焼をご賞味下さい!!」

  • Oct 2007  Vol.35

    -カフェ&ベーカリー cafe midi
    「絶品サンドウィッチ」

  • Sep 2007  Vol.34

    -焼き肉専門店 プルコギ
    「常識のあるおもてなしを
    心掛けております」

  • Aug 2007  Vol.33

    -とんかつ弁当 マルニ
    「こだわりのとんかつを
    皆様にお届け致します!」

  • Jul 2007  Vol.32

    -JALプライベートリゾートオクマ
    「南国リゾートで特別な時間を・・・」

  • Jun 2007  Vol.31

    -ボリューム亭
    「さあ、食べれるかな~♪」

  • Mar 2007  Vol.30

    -稚内空港おみやげ特集
    「稚内のおみやげはこちらをどうぞ!! 」

  • Feb 2007  Vol.29

    -居酒屋 ようじ「至福の晩酌に酔ってみてはいかがでしょう」

  • Jan 2007  Vol.28

    -BOUTIQUE MIKI (ブティック みき)
    「今年はちょっとアダルティに」

2006年
  • Dec 2006  Vol.27

    -おいしいお菓子で微笑みの時を…
    「(有)御菓子司 小鹿」

  • Nov 2006  Vol.26

    -まごころこめて人々の健康に奉仕する「田上食品工業株式会社」

  • Oct 2006  Vol.25

    -おもちゃ箱!?「食べ処さるぼぼ」

  • Sep 2006  Vol.24

    -味へのこだわり…
    「料理とお酒の店はるき茶屋」

  • Aug 2006  Vol.23

    -二つとないグラスで今宵も一杯いかがでしょう「北緯45°北のガラス館」

  • Jun 2006  Vol.22

    -ガーデニングで癒しの空間を「a seed leaf -ア シード リーフ 」

  • May 2006  Vol.20

    -一般常識範囲での使用
    「 たっけん不動産」

  • Apr 2006  Vol.19

    -男のロマンをあなたと共に・・・
    「焼き鳥居酒屋 浪漫」

  • Mar 2006  Vol.18

    -わんにゃんショップ サンガ
    「ペットだって家族なんです!」

  • Feb 2006  Vol.17

    -手作りチーズのピザ屋
    KITCHEN Peko 「手作りチーズの店」

2005年
  • Dec 2005  Vol.16

    -一点もの「USED CLOTHING Nuts」

  • Nov 2005  Vol.15

    -オープンしました「Bobby (ボビー)」

  • Oct 2005  Vol.14

    -本場の味をお試しあれ!
    「韓国家庭料理 ソナム」

  • Sep 2005  Vol.13

    -豊富なメニューでお出迎え
    「ビストロ Miyajima (ミヤジマ)」

  • Aug 2005  Vol.12

    -やすらぎの空間
    「岩盤浴サロン full full」

  • Jul 2005  Vol.11

    -和の心「茶房 遊ぜん」

  • Jun 2005  Vol.10

    -夏本番のその前に
    「ビューティメイク PURE」

  • May 2005  Vol.09

    -しんとうデンタルクリニック「心地よい安らぎの空間で皆様をお迎えします」

  • Apr 2005  Vol.08

    -CAFE ZAZIE
    「お洒落で落ち着く空間を・・・」

  • Mar 2005  Vol.07

    -本格的な味へのこだわり
    「白蓮(びゃくれん)」

  • Feb 2005  Vol.06

    -今年のバレンタインDAYにいかが
    「petit Ange (プチ・アンジュ)」

  • Jan 2005  Vol.05

    -美の追求「くみ美容室」

2004年
  • Dec 2004  Vol.04

    -スノーボードプロショップ
    「Seamore(シーモア)」

  • Nov 2004  Vol.03

    -そのままの素材をそのままの味で
    「ピンカートン」

  • Oct 2004  Vol.02

    -目的・手段を明確に効果を生み出すこだわりの品質「石塚建設興業株式会社」

  • Sep 2004  Vol.01

    -信用を重んじ堅実を旨とした経営を行う「石塚建設興業株式会社」

Mar 2008今月の特集

  • Feature01 今月のマイヒット「ちょっといいお店をご紹介」
  • Feature02 今月のマイシティ「スタッフの街角ウォッチング」

関西風お好み焼き くるくる稚内店<br />「本場関西の味をお試しあれ!!」

関西風お好み焼き くるくる稚内店
「本場関西の味をお試しあれ!!」

さて「月刊Shinto」3月号は、『関西風 お好み焼くるくる 稚内店』様をご紹介致します。知っている方も多いかと思いますが、稚内副港市場内にある 「お好み焼きとたこ焼きのお店」実は稚内警察署の向いが本店です。オーナー様は30年間大阪にいらした方で、お好み焼きとたこ焼きをこよなく愛し、ふるさ と稚内の方々や広く観光客の方々に安くておいしい本場の味を食べていただきたい!という思いでお店を始めたそうです。 そこで今回はオーナー様の樋口芳朗 様にお話を伺ってきました。
それでは、ご紹介していきましょう。

関西風 お好み焼 くるくる 稚内店

毎度、 おおきに!  関西弁でお出迎えします

毎度、 おおきに!  関西弁でお出迎えします

こんにちは!月刊Shinto3月号を担当させて頂きます 今井です。オーナー様本日はお忙しい中、ご協力頂きありがとうございます。では早速ではありますが、質問の方に入らせていただきます。よろしくお願い致します。 まずは店内の内装ですが、イスとテーブル席に加え小上り席で堀こたつ。 しかも完全個室ですよね。内装に関しては何かこだわりがあったのでしょうか?


お好み焼きは関西では庶民の食べ物です!鉄板焼きテーブルを囲んで”ジュージュー、ワイワイ”と賑やかに食べて欲しいと思い、完全な個室形式にしました。周りを気にせず、会話を含めて食事の時間を楽しむ! 何時間でも利用して頂きたいと思っております。


店内は白を基調とし、明るく目で感じる暖かさや清潔感も感じられます。 また堀こたつの中にはポータブル式の小さなヒーターまで備えられており、足元が寒くないように配慮されております。本当にいたれり尽くせりで、つい時間を忘れて長居してしまいそうです。では次の質問ですが、お店の名前ですが実に ”ユニークですね~”なぜお店の名前を『くるくる』にしようと思ったのですか? 『くるくる』にまつわる由来やいきさつなどがありましたら教えて下さい。


明るい店内は落ち着いて食事ができる空間。

明るい店内は落ち着いて食事ができる空間。

大阪で30年間勤務した会社の屋号が『くるくる』という屋号でしたので、それをそのまま使わせて頂いております。『くるくる』の由来は”たこ焼きをくるくる回す。お客様がくるくると回転する”という意味を込めて、大阪の会社の社長がつけたのです。 ただ稚内店はフランチャイズではなく、私が独立してやっております。


そうなんですか~『くるくる』とはインパクトがあるお名前なので、子供さんからお年寄りまで、年齢を問わず広く愛されることまちがいなしですね! では次の質問ですが、昨年4月にオープンした稚内副港市場内にもお店をかまえていらっしゃる『くるくる』さんですが、こちらのお店はいつ頃オープンされたのですか?


はい!2006年12月12日にOPENしました。


ではオープンされて今年で2年目になる訳ですね。それにしても焼き物を提供しているお店とは思えないほど、店内どこを見てもキレイにされていますね…食べ物を提供していれば当たり前の事とは思いますが、最近オープンされたお店みたいで、すごくキレイですね! では質問を続けさせて頂きます。今ではいつでも食べられる”お好み焼きとたこ焼き”ですが、私が子供の頃はお祭りでしか食べられなかったものです… なぜ ”お好み焼きとたこ焼き”のお店を最北の街 稚内で始めようと思ったのですか?


 これぞ関西風たこ焼き!! お好みでソースや青のりなどをふりかけて召し上がれ!

これぞ関西風たこ焼き!! お好みでソースや青のりなどをふりかけて召し上がれ!

実は稚内出身で、30年程大阪に住んでおりました!昔と比べ稚内はだいぶ街並みが変わりましたね。私はこの産まれ育った街が大好きで、とにかく稚内の方々に関西のお好み焼きを食べて頂きたい!稚内の食文化と関西の食文化の融合で新商品を提供したい!と思いました。商売をするなら稚内で…と考えており、いろいろな方々の協力もありまして、なんとか店を開くことができました。この街で商売ができる私は”最高の幸せ者”と思います。協力して頂いた方々には大変感謝を致しております。恩返しをするつもりで、これからも稚内の方々においしい焼き物を提供できるよう日々”努力!努力!”する次第です。 あと稚内に関西風の本格お好み焼き店がなかったのも出店のきっかけにもなりました。


地元の方とは知らず大変失礼致しました。 お客様に”おいしい”と言われ続ける物を提供するのには、大変な努力されているのでしょうね。”商売というのは決して楽ではない”と いつもホームページの取材を通して感じていますが、商売を始めて苦労した事やつらかった事。どんな事でも良いので教えて下さい。


この日はサービスメニューで、豚キムチーズ玉が このボリームで ナント!! ¥450円 。

この日はサービスメニューで、豚キムチーズ玉が このボリームで ナント!! ¥450円 。

そうですね。つらかったと言う程ではないですけども、稚内の方々にとって、お好み焼きとたこ焼きがメジャーな食べ物ではない事。うちのお好み焼きとたこ焼きを一度食べた方は皆様”おいしい”と言ってくださいますが、残念ながら一度も食べた事がない方も中には多いと思います。苦労している事は仕入れですね。扱っている食材全てにこだわっていて、キャベツの水分、甘み。たこの鮮度などなど。話せば長くなりますが、特にたこは宗谷産のたこが有名ですが、基本的に水たこは使えません。真たこは数量が少なく、価格も合わないため使えません。現在は大阪より空便でアフリカ(モロッコ産)のたこを仕入れております。何年もかかってやっと、たこ焼きに合うたこがモロッコ産と決まりました。あと食材が結構、特殊な材料なので稚内ではなく、大阪より仕入れする事が多いですね。なるべくであれば地元産の物を使いたいのですが…


そうですよね。やっぱり使う食材にこだわりを持ち、良く吟味しているからこそ、いい味になるんですよね。こちらのお好み焼きとたこ焼きは、どれを頂いても最高においしいです!食べた事がある方は間違いなくリピーターでしょう。まだ食べた事のない方は一度食べてみて下さい!きっと満足頂けるハズです!続いての質問ですが、こちらのお好み焼きは中はふっくら、外はパリっと!!一方、たこ焼きの方は大きなたこがゴロっ!中はとろッ!って感じでホントおいしいですね。職人技だとは思いますが、作り方や焼き方にコツや工夫などあれば教えて下さい。


こちら モダン玉 ¥800円。間に麺が入ってるのが見えますか?

こちら モダン玉 ¥800円。間に麺が入ってるのが見えますか?

コツはあります!!(^-^)お好み焼きは「混ぜ3年、焼き1年、火とお友達になる。」と指導します。キャベツに空気を入れるように混ぜて、強火の鉄板で焼きます。たこ焼きの方は粉の温度と粉の水分量で、出来上がりは変わってきます。時間があれば 家庭でもできる作り方。”教室 ”をなど開きたいものですね…


では、本場大阪で作っていた時と現在稚内で作っている作り方。味付けや作り方などに何か違いはありますか?


そうですね。稚内に30年ぶりに帰って来て、驚いたのは水ですね。水が大変おいしいです。今は利尻の甘露水を使っています。大阪で使っていた水よりもかなりグレードが高いです。お好み焼きもたこ焼きも大阪よりも良い商品になったと確信しております。それとソースですが、稚内の方が辛口が好きだという事に少し驚いております


水でそんなに違いが出るとは知りませんでした。水道水ではなく、利尻の甘露水を使っているのも、また一つのこだわりですね。次の質問ですが、大阪では”お好み焼きを白いご飯と一緒に食べる”という 実にユニークな食べ方が普通だと、前にテレビで見た事がありますが本当ですか?また、一つのお好み焼きを分け合わないっていうのも本当ですか?


魚介類がたっぷり入った ミックス焼きそば ¥900円

魚介類がたっぷり入った ミックス焼きそば ¥900円

炭水化物と炭水化物は最高の組み合わせで、本当です!栄養化もキャベツ、豚肉、ソースなどバランスの取れた食べ物ばかりです。特に野菜嫌いの子供には最高ですね。それと一つの物を分け合わないのは、関西人が特別な訳ではないと思います。ただ、関西人はお好み焼きにはこだわりがあって、”ソースはどうつける””マヨネーズはどうかける”などこだわりがあり、独特なのです。ケチなのではありません!!(^ - ^)


そうですか。ホントにユニークな食べ方ですよね。(^ー^)ではここで『くるくる』さんご自慢の人気メニューとオーナー様のオススメのメニューを教えてください。


基本的にはブタ玉¥580円とモダン玉¥800円、シーフード玉¥900円が人気メニューです。若者にはチーズ入りのモチ、チーズ玉¥850円、ブタ、キムチーズ玉¥900円、新ジャガ、ベーコンチーズ玉¥880円が人気です。それと焼きそばはミックス焼きそば¥900円が抜群の人気ですかね…私のオススメは限定品の牛スジコン玉¥1,000円と豚角煮玉¥1,000円です。あとスープ焼きそば¥800円、スープたこ焼き¥300円、チーズたこ焼き¥500円は一押しです!!


ホントたくさんメニューがあってどれを食べようか迷ってしまいます。1回では注文しきれませんので、私も何回かに分けて全メニューを制覇したいと思います! では、最後になりましたが『月刊Shinto』をご覧の皆様にお店のPRを含め一言お願いします。


牛肉とエビがのっている。くるくるサラダ ¥500円。  かかっているソースが絶妙!

牛肉とエビがのっている。くるくるサラダ ¥500円。  かかっているソースが絶妙!

毎度、おおきに!”安い!早い!うまい!”を目標に稚内で頑張ってまいります。これからもよろしくお願い致します。一度ご来店頂けたら、うれしゅうございます。スンマヘン、おおきに!


オーナー様、本日はお忙しい所ありがとうございました。『くるくる』さんはAM11:00~PM17:00までセットメニューをやっております。単品で注文するよりお安くなっております。また、日によってサービスメニューもございますので、詳しくはお電話でお問い合わせくださいこれからの時期歓送迎会などお集り事も多いと思います。ぜひ本場関西の味を味わってみてはいかがでしょうか…

Information

住所 〒097-0005
稚内市大黒1丁目7番13号
電話番号 (0162) 24-3032
営業時間 am11:00 ~ pm22:00(ラストオーダーは21:30)
定休日 毎週 水曜日

アイススノーキャンドル稚内「仲良し!雪だるま!」

なんとも幻想的な感じが致しませんか? 2/9(土)に 稚内ドームで行われたスノーキャンドルのお祭りの一コマです。この日は寒い中、大勢の市民で賑わっていました。

アイススノーキャンドル稚内「仲良し!雪だるま!」

Scene01 Scene01 「チョット 寄り道...」
中央公園でもアイスキャンドルが飾られていたのですが、残念ながら火は灯っていませんでした。でも 何となく雰囲気よくないですか?

Scene02 Scene02 「商店街も!!」
稚内ドームの帰りに通りかかったら、中央商店街のお店も思考をこらしたアイスキャンドルが飾られていました。目で見て暖かい感じがしませんか?